auひかりちゅら測定システム

このサイトでは、お客様がお使いのインターネット回線の「下り」「上り」それぞれの接続速度をご確認いただけます。
測定には約30秒かかります
通信環境により測定時間が長くなる場合があります
測定クライアント:

測定設定閉じる

測定方向
下り 上り 両方向
測定精度
「高」-多少時間がかかるが精度は高い
接続数
最小 最大
RTTの測定
速度測定前後および速度測定中の変化 速度測定前のみ 測定しない
データタイプ
圧縮可能性高 標準 圧縮可能性低
アナログモデムのようなデータ圧縮機能のある回線に使用
実際の回線速度をそのまま表した結果を得ることができるのは「圧縮可能性低」のデータ
測定クライアント
Javaアプレット JavaScript

ある程度コンピューターが落ち着いてから開始するとより精度の高い結果を得ることができます

準備ができたら[測定開始]をクリックしてください

JavaScriptでの測定に関して

  • スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。
  • JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。
  • 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。

Javaアプレットでの測定に関して

  • 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。
  • 上記のブラウザではJavaの動作環境をインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。
  • 動作環境によりページ表示時にセキュリティ警告が表示される場合があります。警告が表示された場合はこちらをご覧ください。
  • 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません(プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます)。
  • 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。

動作環境等について

  • 測定のためにはブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。

測定が正しく行われない場合

  • JavaScriptでの測定時にブラウザのタブの切り替え等を行い測定ページが表示されない状態になった場合、ブラウザの休止機能により測定がエラーとなる場合があります。
  • エラー等の表示に関しての詳細はこちらをご覧ください。

用語について

  • 速度 単位の「k」は1,000倍、「M」は1,000,000倍として使用しております。